2008年09月21日

猫の飼い方:食事(餌)

猫は肉食動物です。よって猫の食事の基本は、動物のお肉(肉や魚)にあります。
猫に人間と同じ食事を与えると、栄養面で偏りが出てしまいます。それに人間の食べ物には、香辛料やタマネギ類、その他好ましくない食材が含まれており、時には中毒症状を起こしてしまう場合さえあるのです。

また猫は汗をかくことができません。余分な塩分を汗によって排出することができないので、猫に人間のために調理された食事を与えると、必要以上に塩分を摂取しすぎて、腎臓や心臓に負担をかけてしまうことになります。
猫は肉食動物の中でも「真性肉食動物」といって、お肉を食べることで生きていける動物です。猫は長い間、ネズミなどを丸ごと食べて、肉や内臓、軟骨も食べることで栄養が満たされ健康でした。ですから、肉や魚を人間が与えたとしても、すでに死んだ切り身や内臓のない肉では栄養のバランスがとれないのです。

そんな猫専用の食事として、栄養面を考慮したキャットフードなどもいろいろな種類のものが市販されていますので、猫を飼う際にはそうしたものも上手に活用すると良いでしょう。

ニックネーム OOO at 23:35| Comment(33) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする